株式会社無限

資料ダウンロードはこちら

INFOMATION

ホーム > BLOG > 【社員インタビュー】日常でもマーケティングの要素を探しまくる日々に

【社員インタビュー】日常でもマーケティングの要素を探しまくる日々に

こんにちは!

通勤中に駅から会社まで速足で人々を抜き去り、信号で追いつかれてはまた抜き返すことを一日の始まりにしている管理部の福井です。

 

コロナが猛威を振るい始めてもう2年。みなさん大変な時期をお過ごしだと思います。

しかしながら、弊社には昨年5名の社員が入社し、逆に勢いを増していて皆してゾクゾクしています。

 

そんな無限に入った5名の新入社員インタビュー企画をお届けしたいと思います。

 

彼らがどんなふうに1年目を過ごしたのか?何を得たのか?汗はかいているのか?そもそもお前は何者なんだ?など聞いてみました。(ウソです)

 

インタビューを通して、無限という会社がどんな感じなのか伝えられたら幸いです。(ホントです)

 

これから弊社に応募を考えている方も参考にしてくださいね。

 

 

2021年新入社員インタビューの第1弾はこちらの方から

橋本翔之

2021年5月入社
ビジネスディベロップメント事業部所属
趣味は、映画鑑賞、プロレス鑑賞、料理。特技は卓球。

 

「どこかのお店の店長さん?」「会社のお偉いさん?」という落ち着いた雰囲気を醸し出す橋本翔之さんです。話し方も実にやわらかです。

 

–無限に入社するまでの経歴ときっかけを教えてください。

元々映画が好きで、映像制作をしてみたり、編集など手間のかかる作業は好きでした。また自分の性格はちょっと凝り性で、制作側だけじゃなくて演者側のことも知らないといけないと思い、演劇をやっていたこともあります。

 

映像制作の仕事には就かなかったのですが、前職でイベント関連の会社に入り、お化け屋敷やホラーイベントの運営などを手掛けていました。主にイベントの企画が自分の仕事でしたが、お客さんに喜んでもらえるように、企画の立案には、こだわりを持って挑んでいました。しかし、コロナが蔓延し、その影響をもろに受け仕事がなくなってしまいました。この時はさすがに、このコロナ禍でも強みを発揮できる仕事が良いな~というのは強く思いましたね。

 

仕事を探していると、無限の求人が目にとまりました。広告の制作・運用ということで、未経験ではありましたが、広告制作の作業工程数は多いことは想像できましたし、細かい作業や修正なども凝り性の自分には合ってる気がしました。実際、選考過程でも求められている能力が自分に合っていると感じたことも大きかったです。 募集要項やコーポレートサイトに写っている皆さんの年齢も20代が多そうで、楽しそうというのもあり、無限への入社を希望しました。

 

–入社前の無限のイメージってどんな感じでしたか?

オフィスも綺麗でおしゃれで楽しそうなイメージです。あと採用の段階でチームリーダーの野村さんのイメージが強くて、「同年代でもしっかりしてるな~」という印象がありました。実際は、僕よりも3つ年下でびっくりしたんですが笑

–担当の仕事と実際働いてみて感じることはなんですか?

広告の制作を主に行っています。普段何気なく接している広告でもマーケティング要素が詰まっていて、日常生活でもアイデアのヒントはないか、アンテナを張るようになり、毎日刺激的です。

 

–「アンテナを張る」とは具体的には何かやってるんですか?

具体的に説明するのは難しいのですが、駅のポスターやお店の看板とかを見て「これ何かに使えないかな?」と意識してますね。たとえ仕事に採用されなくても、そういう意識で街の風景を観察したりしています。あと土日にジョギングしてるんですが、脳を無にするみたいな感じにすると、仕事につながるようなアイデアがふと思い浮かぶことがあります。走る時は脳を無にするんです。

 

–無限の社員で面白い人や、会社で面白かった出来事を教えてください。

面白い人で言うと、週に3回牡蠣を食べるほど牡蠣好きな社員がいるのですが、ある日大きな荷物を抱えて来たので、「何買った?」と聞いたら牡蠣型のクッションでした。しかも3週間待ってようやくゲットしていたと喜んでました。クッションを見たら、久しぶりに牡蠣が食べたくなりましたね。

 

会社の出来事としては、入社半年目くらいで、与論島での3泊4日の合宿に参加したことです。まだ、入社して間もないタイミングだったので参加する前は正直不安でしたが、合宿のテーマであるライフライン*を通して、社員の皆さんのこれまで歩んできた人生を知り、自分の過去も共有することができました。プラスもマイナスも共有することで社員同士まさに腹を割って話せたのが良かったです。自分は半年目くらいの参加になりましたが、このタイミングで合宿に参加できて良かったなと感じています。

 

*ライフライン:自己分析の1つで、今までの人生を幸福度を-100~+100のグラフで表現し、その時感じたことや自分がどう変わったのかなどを発表するもの。

 

–最後にこれから無限へ応募する方へのメッセージをお願いします。

基本はデスクワークですが、毎日刺激があります。人間的に成長できる環境間違いなしです。

自分自身で言うと、広告の制作って工程が多いので、その仕事量に最初はげんなりすることもあったのですが、今はそれが当たり前の感覚になってきたことに成長を感じます。またロジカルな思考の人が多く、その思考は無限へ入社するまで自分にはあまりなかった点です。そういう考え方の人たちに刺激を受けて、自分でもその思考法が身についてきたかなと感じています。そういう成長できる環境がここにはあると思います。

 

橋本さん、ありがとうございます!脳を無にしすぎて木などにぶつからないようにしてくださいね!