株式会社無限

資料ダウンロードはこちら

INFOMATION

ホーム > BLOG > 【社員インタビュー】人生に伝説的なエピソードがたくさん増える会社

【社員インタビュー】人生に伝説的なエピソードがたくさん増える会社

こんにちは!

管理部のビンドゥンドゥンです!

違いました!ビンドゥンドゥンって言いたかっただけの管理部福井です。

 

*ビンドゥンドゥンは北京五輪のマスコットキャラクターです。

 

2021年入社社員インタビュー企画の第2弾です。

 

今回はこちらの方です。

2021年5月入社
ビジネスディベロップメント事業部所属 玉川颯一
趣味は、ダブルダッチ、お酒を飲むこと。心理学部卒ですが肉体派です。

 

お、若者が来たな!という印象ですが、物静かで、重要なことをボソッと言うタイプのようです。

 

 

–無限に入社するまでの経歴ときっかけを教えてください。

新卒で大手ハウスメーカーに入社したんですが、入社前後のイメージのギャップが大きすぎたことと、「関西圏」で働きたいという想いもあり、入社式で転職を決意しました。転職活動を開始し、偶然にも無限の求人を発見。【裁量が大きい・自由度が高い】という社風と、ウェブ広告制作の魅力から応募しました。当時、岩手県に住んでいましたが、大阪まで面接を受けに行き採用されました。行動力だけは小さいころからあるタイプです。

 

–入社前の無限のイメージってどんな感じでしたか?

無限のコーポレートサイトを見て、「パソコンをカタカタしていてオフィスは静かそう」「仕事のときは仕事、遊ぶときは遊ぶという感じでメリハリがきいている」という印象がありました。大阪に面接を受けに来たときは、オフィスの綺麗さに驚きました。 あとは、芸人的な面白さではなくて、人としての面白さ、変わった経験をしている人が多そうだなと思ってました。社内は見た目の若い方が多く、入社してから年を知って驚きました。

–実際働いてみて感じることはなんですか?

仕事量は多いですが、その方が燃えますね。タスクが徐々に終わっていく感じと次の仕事が来るスピード感がたまらないです。実際、仕事のときは仕事、遊ぶときは遊ぶという入社前のイメージは合っていてフレックスタイム制ですし、休暇も取りやすく、忙しい中でも自分の時間は作りやすいです。あとは入社から約半年で広告制作はもちろん、いろいろなスキルが身につきました。仕事を通してこのスピード感で成長できるところも魅力だなと思いますね。

 

–入社してから仕事で苦しかったこととかはないですか?

入社当初ですね。覚えることも多いし、自分では気づかないようなミスをしたり。広告制作には正確性も必要なのでその部分で結構苦労しました。周りの方々に親身に教えていただいたり、助けてもらったりで今はもう慣れて一人でも制作できるようになりましたし、自ら+αの仕事をすることもあります。

 

–無限の社員で面白い人や、会社で面白かった出来事を教えてください。

13時から昼休憩が始まるんですが、社内の入り口側のデスクで鰹の刺身を柵のまま食べる社員がいます。最初見たときは衝撃的でした。鰹の刺身の柵にかぶりつく人の横にいた人もそれを見て「あ~わかる~。柵のまま食べたくなる気持ちわかる。俺もやってる。」と共感していて、あ~やっぱり変わった人が多い会社だなと改めて思いました。社員一人一人にそれぞれの個性があって、その個性が抑圧されない社内の環境はとても居心地がいいです。一言でいえば動物園みたいな感じですね。

 

毎週木曜日には事務所内で自由参加の飲み会もあったり、イベントも多くて楽しいです。 入社して5か月で行った与論島社員合宿はいろんな意味で記憶に残ります。プライベートビーチもある最高のロケーションで、豆電球1つで皆さんと話した夜、みんなの生きざまを知ることができた研修、亜熱帯ならではの急な豪雨…たくさんの出来事があって大満足な合宿でした。

–最後にこれから無限へ応募する方へのメッセージをお願いします。

まず、成長できる環境がここにあります。頑張れば頑張った分評価されるのも魅力です。ここにいれば人生に伝説的なエピソードがたくさん増えます。むしろ応募しない方がよくわかんないです。もっと働きたいなとか何か新しいことをやりたいなとか、そういう前向きな方は応募したほうがいいんじゃないかなって思います。

 

 

玉川さん!普段は寡黙なのに、いっぱいしゃべってくれてありがとう!刺身を柵で食べるときは、見に行くので教えてくださいね!